小柳よしふみ

さいたま市議会議員(国民民主党)

ホーム > 『通学路の安全のみならず、まちづくりを見直す機会に!』

『通学路の安全のみならず、まちづくりを見直す機会に!』

自動車が小学生の列に突っ込んで犠牲者を出すというニュースが続いている。

京都の亀岡市の事故に続き、今日も千葉県館山市で悲劇が起こった。

自動車の大きな事故は、先日の祇園の暴走事故では運転手を含めて20名が死傷している。

なんで、このように続くのかと本当に心が痛む。


一連の事故を受けて、さいたま市も学校長に通学路の安全の点検するよう指示を出した。

通学路を点検し、主要道路の抜け道になっていたり、縁石やガードレールが設置されていなかったりするなどでは必要に応じて通学路を変更するよう求めたもの。

今のところ、通学路の変更の報告はないとのこと。


これだけの悲劇が続いているのだから、ぜひ抜本的な街のありかたを考える契機にしたい。

先日、自転車活用推進研究会の先生から、自転車安全利用の勉強会で交通政策、まちづくりについて学んだばかり。

http://ameblo.jp/y-koyanagi/entry-11226990292.html

だから、特にそう思うのかもしれない。

さいたま市議会議員 小柳よしふみ-1334764465625.jpg

短期的な対応としては、縁石やガードレール、通学路の変更などという話になってしまうのかも知れない。

しかし、そこで終わらせないで、この道路はいったい何のためのどういう目的の道路なのか?

この地区のあるべき姿は、どういうものなのか?

街としてのありようを改めて考える所から出発する必要があると思う。


以前、やはり事故の犠牲があって川口市で導入されたZONE30を和光市も検討しているとの話を聞きました。

一つの良い方法だとは思います。

ただ、手法の導入にとどまらず、これからの100年を見据えたビジョンからの政策の必要性を強く感じます。

悲しい事故が起こらないように・・・

そして、安全で住みよいさいたま市であるために・・・


さいたま市議会議員 小柳よしふみ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
↑ランキング゙エントリーしています。クリックご協力お願いします!

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(国民民主党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)15年、2期目当選。

カテゴリ
新着5件
バックナンバー
小柳よしふみFacebook
政策・実績
このページの先頭へ

さいたま市議会議員(国民民主党)

お問い合わせはこちら