小柳よしふみ

さいたま市議会議員(無所属)

ホーム > 『躍進する!福岡・博多シティ開発プロジェクト』

『躍進する!福岡・博多シティ開発プロジェクト』

午後から、博多駅の駅前、駅ビル開発について、昨日は福岡市、本日はJ R 九州の担当の方からお話を伺いました。

昨年は、震災からしばらく静かだった客足が、博多駅の開発効果で増えているとの話を聞きました。
九州新幹線の開通で、鹿児島から一時間半かからない。
人を呼び込む効果も発揮している。

ちなみに、2キロくらい離れた商業地の天神との間の地下鉄の利用者数も増えているとのことです。

この開発において、特徴的なのは、J R 九州が中心になって地域の活性化協議会を組織したこと。
J R 九州が地域活性化の中心となって動いたことです。
昨日の福岡市の話でも、行政が主体的にリードしたという感じではない。
これは、近くの天神における開発で、西鉄がとった手法が影響を与えていると思います。


福岡駅は、乗降客数は約35万人。

意外と少ない気がします。

大宮駅は60万人を超えます。

経済のキャパがやはり首都圏に比べて小さいため、地域で一体となってやって行くという風土も関係しているように感じました。


浦和駅の開発や駅ビル事業に関する所でも、J R が地域の企業として地域をリードしてくれると、みんながやりやすい。

ただし、JR九州と東日本では置かれている状況に違いがあって、そこからいろんな方針にも違いが出ていると思います。

浦和駅には、西鉄というライバルもいませんし。。。
私も一般質問で取り上げましたが、地域としてまとまれるように、市としてもJ R へ働きかけるなどサポートが必要です。

(駅の壁のタイル。市民の書いた絵を使用)
福岡市は、海、川、緑、公園、街路の花壇、そして文化の香りがします。

ちょっとしたオブジェが街の雰囲気を引き立てています。

さいたま市も文化芸術都市創造条例を制定しました。

そういった点からも見習うべきことがあるように感じました。


さいたま市議会議員 小柳よしふみ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
↑ランキング゙エントリーしています。クリックご協力お願いします!

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(国民民主党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)15年、2期目当選。

カテゴリ
新着5件
バックナンバー
小柳よしふみFacebook
政策・実績
このページの先頭へ

さいたま市議会議員(無所属)

お問い合わせはこちら