小柳よしふみ

さいたま市議会議員(国民民主党)

ホーム > あまりの桜の美しさに、しばし足を止めて見上げてしまいました(さいたま市議会議員選挙3日目)

あまりの桜の美しさに、しばし足を止めて見上げてしまいました(さいたま市議会議員選挙3日目)

皆さんこんばんは、さいたま市議会議員(浦和区)の小柳よしふみです。
早くも選挙戦序盤の3日間が終わりました。残る6日間も力の限り頑張ります。

 


私は女子サッカーの推進を支援しています。
選挙期間中ですが、大会が気になりお邪魔させていただきました。
コーチの皆さんからも『頑張れ!』と応援をいただきました。

 

 

 

 

昼前には、地元のさくら祭りにお邪魔させていただきました。
満開の花に誘われたのか、とても大勢の人たちで賑わっていました。
皆さんにお声を掛けて頂き、勇気が出ます。


 

 

 

あまりの桜の美しさに、しばし足を止めて見上げてしまいました。


 

 


先日、利用者の希望を頂き、整備をさせて頂いた公園トイレの前でパチリ!(笑)


 

 


小柳よしふみは5つの大きな政策ポイントを掲げています。

1、子育て、教育環境の充実
「子供たち・子育て世代が輝ける街さいたま市」の創造
①タブレット端末の活用による児童・生徒に合わせた授業・学習支援
②教室の増設整備、特別教室、体育館へのエアコン設置
③預けたい時に預けられる病児保育、障がい児保育の拡充
④放課後児童クラブの拡充、質の向上にむけた支援

 

2、福祉・医療体制の充実した人に優しい政治
「人にやさしい安心な街さいたま市」の創造
①認知症の人や家族にやさしい街づくり(条例化等支援整備)
②特別養護老人ホーム、グループホームの増設
③小児医療、救急医療体制の充実
④3世代での子育ての推進
⑤困難を抱えた人、障がい者の就労・生活支援

 

3、災害に強く安心・安全に暮らせる住環境の整備
「もしもに備えた住みよい街さいたま市」の創造
①無電柱化、危険ブロック塀対策など地震対策の推進
②福祉避難所の拡充など災害弱者を出さない施策
③災害時対策としての電気自動車の導入支援
④マンション管理の適正化の推進

 

4、地域の特色を生かし、人々が助け合える温かい街づくり
「癒しと活力が共生する街さいたま市」の創造
①自転車安全利用、マナー向上に資する施策(教習施設の設置)
②スポーツ施設の拡充、複合化等によるスポーツ環境の改善
③自由に遊べる公園の設置、プレーパークの拡充
④サッカーのまちづくりの推進(女子サッカーの振興)
⑤市民会館うらわの建替えなど市民の文化・芸術活動の拠点整備

 

5、地域経済・商店街の振興と財源確保
「魅力的な街さいたま市」の創造
①文教都市浦和ブランドの再構築
②大規模イベント等の地元商店会、地域経済への波及効果の実現
③スポーツシューレ、パークベニュー等スポーツの産業化による地域活性化
④商店街におけるキャッシュレス化の推進、導入サポート支援

 


Facebookでも随時、小柳よしふみの選挙活動について更新させていただいております。是非ともシェアや浦和区にお住まいのご友人にご紹介をお願いいたします!

 


【小柳よしふみ公式Facebookページ】
https://www.facebook.com/koyanagi1965

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(国民民主党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)15年、2期目当選。

カテゴリ
新着5件
バックナンバー
小柳よしふみFacebook
政策・実績
このページの先頭へ

さいたま市議会議員(国民民主党)

お問い合わせはこちら