小柳よしふみ

さいたま市議会議員(民進党)

ホーム > 北朝鮮が韓国の延坪島を砲撃!

北朝鮮が韓国の延坪島を砲撃!

かなり衝撃的なニュースが飛び込んできた!

こういう事態を目にすると、危機管理という言葉がすぐに浮かぶ。

私は、警備の仕事を長らくやってきました。
警備の仕事は、実は危機管理がメインです。
準備段階で8割9割の仕事が終わりと言われてます。


どのようなことが起きそうか、

どんなトラブルが発生しそうか、

そこにいらっしゃる人がどんなことに困るのか、

どういうことをしたら円滑に進むだろうか、

けが人や欠員が出た場合のケアはどうするのか等など。。。


まさに危険予知、危機管理が仕事の肝です。

政治の世界もどれだけ様々な事態を予想できるか。
その準備がどれだけできているのか。

それが一番大事なことだと思います。


よく考えたら、どの分野でもそうですね。

サッカーでも野球でも一般の会社でも

不測の事態への備えや心構えがどれだけ出来ているかが、

その組織の実力といえます。


ピンチになって動揺したり慌てたりしたら、もう負けです。

しっかりと落ち着いて冷静に準備をする。

そして、着実に仕事をこなす。


もちろん今の私にも大事なことです。

しっかりとした準備をして毎日を歩んでまいりたいと思います。




追伸:みつやくん、とおや君、ありがとう(*^_^*)

    ほんとうに助かりました!





ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(民進党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)

このページの先頭へ

さいたま市議会議員(民進党)

お問い合わせはこちら