小柳よしふみ

さいたま市議会議員(民進党)

ホーム > 民主党政治スクール第4回 VOL.2

民主党政治スクール第4回 VOL.2

先日の広井先生の授業のお話の続きですビックリマーク



まだ余韻が残ってるくらいです音符



講義のテーマは社会保障でした。

普通は、社会保障というと年金はどうだ、

福祉はどうだ、

○○保障制度はどうだ、

みたいな話になりがちです音譜




先生のお話は、


福祉とは、幸福・安寧の実現であるという前提に立って始まります。


そして、日本の社会保障政策の特徴や問題点、課題を分析。





「定常型社会」=経済成長を絶対的な目標としなくとも、十分な「豊かさ」が実現してゆく社会  への提案へ入ってゆきます。





社会福祉の問題を個別のテーマとして捉えるのではなく、


環境、街づくり、年金、雇用、財政・・・・


を複合的に考えて解決してゆく手法をご提案されていました。





海外の例を写真をおりまぜながら解説された講義は、もっと時間をかけてお聴きしたい講義でした。





ひとつのゴールのような目標地点をしっかり示して頂きました。


大変、魅力的なビジョンだと思いました。





では、そこに向かってどのようにアプローチしていったら良いのか・・・


それが、また大きなテーマです。





既存の考え方や制度、そして街を変えて行くのは大変なエネルギーが必要です。


抵抗や障害がたくさん出てくるものです。


そこに政治の大きな役割があるのだと思います。


強力なリーダーシップがなくては進みません。





そのために必要なのが、ビジョンです。


ビジョンがあれば、みんなが目標を持てますひらめき電球


夢を持てます音譜


みんなで一緒に歩んで行けます得意げ





目先の事にだけとらわれない・・・


大きなビジョンを持った上で、日々の仕事ができる。


そんな政治家を目指して頑張って行きたいと思いますグッド!


ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(民進党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)

このページの先頭へ

さいたま市議会議員(民進党)

お問い合わせはこちら