小柳よしふみ

さいたま市議会議員(民進党)

ホーム > 『誰が一番、日本の未来を語れたか?@民主党代表選挙の候補者集会』

『誰が一番、日本の未来を語れたか?@民主党代表選挙の候補者集会』

民主党の代表選挙が行われています。

18日に投開票が行われ、決定いたします。

昨日は、岡田、長妻、細野の3候補の候補者集会に参加してきました。





私が聞くポイントにしたのは、

「誰が一番日本の未来を語れたのか?」という点です。

子どもたちに自信をもってバトンタッチして行ける社会を残してゆかねばなりません。

野党第1党としての責任も重大です。

選挙戦は、もう少し続きます。

それぞれのビジョンを明確に、そして強烈に、迫力を持って発信し続けて頂きたい。

もちろん、終わった後はノーサイドで!


地方政治のことや地方議員のことをもっと熱く語って欲しかった。

それが、残念でした。

最後の議論に注目したいと思います。

私の投票権は、16日必着だそうです。

想いを託して、発送します。


さいたま市議会議員 小柳よしふみ 

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(民進党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)

このページの先頭へ

さいたま市議会議員(民進党)

お問い合わせはこちら