小柳よしふみ

さいたま市議会議員(国民民主党)

ホーム > 『一般質問初日:図書館について考えました』

『一般質問初日:図書館について考えました』

今日から市政に関する一般質問が始まりました。

他人の質問は、問題意識の違いや知らない情報があったりして勉強になります。


7人の議員から様々な質問や問題提起がありましたが。。。

地味ですが、図書館機能の見直しの議論は、一番気になりました。


武雄市図書館が指定管理者として「TSUTAYA」を運営する会社に運営を委託し、新しい図書館として注目を集めています。

海老名市の2つの図書館も「TSUTAYA」を中心とするJVに業務委託する議案が12月定例会に提出されるとのこと。
さいたま市議会議員小柳よしふみ 一生懸命は∞ブログ
この際、今後の図書館のありかた、つまり「公共の文化的サービス」のあり方についても含めて、考える必要があると思います。

「来場者数や貸出数だけが評価基準ではないのでは」

との質問者の問題提起もその通りだと思います。


もちろん、おしゃれなカフェが併設されたら正直うれしいです。

ただ、民間の感覚だけで進むと、人気本ばかりの本屋さんと変わりなくなってしまう恐れがある。

武雄の例でも書籍の陳列について議論が起きて来ている。

公共の図書館である以上、単に、民間に任せるとコスト削減やサービス向上の効果があるという点だけで、語ってはいけないということだと思います。


図書館の役割は、何なのか?

財源が厳しくなる中、で、単純に図書数を増やせば良いという問題ではなくなっている。

書籍の電子化の流れもある。


無料貸本屋さんではなく、知的財産拠点、地域の情報発信基地、市民の交流の場。。。

など新しいあり方を楽しみに考えてゆきたい。


明日は、委員会での質問の通告です。

考えています。。。


さいたま市議会議員 小柳よしふみ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
↑ランキング゙エントリーしています。クリックご協力お願いします。


ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(国民民主党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)15年、2期目当選。

カテゴリ
新着5件
バックナンバー
小柳よしふみFacebook
政策・実績
このページの先頭へ

さいたま市議会議員(国民民主党)

お問い合わせはこちら