小柳よしふみ

さいたま市議会議員(国民民主党)

ホーム > 『「スヌーズレン」初体験@姫路獨協大学』

『「スヌーズレン」初体験@姫路獨協大学』

今さらですが、せっかくですので・・・

月曜日は、会派の視察でした。

姫路獨協大学に伺いました。

スヌーズレンの視察です。


姫路獨協大学は、地元の要望に応じて、姫路市が誘致。 

補助金も10億円を5年間出すなど、支援も行ってきた。

それゆえに、地域へも開かれた大学として、市民の利用なども行われている。

市としての行政意志がはっきり示されて、素晴らしいと思います。



スヌーズレンとは・・・

オランダ発祥で、「クンクン匂いを嗅ぐ」「うとうとする」という意味の造語です。


障がいを持つ方とパートナーがともに楽しめる空間を意味しています。
光、音、におい、振動、触感、動き、揺れなど、様々な感覚の体験を通じて、

活動的に探索したり、ゆったりすごしたりするものなのです。


また、わずかな動きによって、音や光の変化が起こることで、能動的な活動についての動機付け、喜びが生まれたりする効果があります。

さいたま市議会議員小柳よしふみ 一生懸命は∞ブログ
ですから、これは、治療法でも教育法でもないのです。
大事なことは・・・
同じ人間として、同じ場所で同じ感覚を通して、互いの感覚や喜びなどを共有しあう。

そのことで、人と人との関係が深まってゆくこと。


さいたま市議会議員小柳よしふみ 一生懸命は∞ブログ

ですから、これといった決まった形もない。

また、どれか一つ、どの感覚を通じて過ごしても良いものなのです。


さいたま市議会議員小柳よしふみ 一生懸命は∞ブログ


少しの時間ですが、触れてみて、スヌーズレンのもたらすであろう効果の一端を感じることが出来ました。


さいたま市議会議員小柳よしふみ 一生懸命は∞ブログ


一般的には、まだそれほど知られていないかも知れません。
先に述べたように、特効薬や即効性を求めるものでもありません。

ただ、障がい者やパートナーというだけでなく、ストレス社会に生きる人々への応用も含めて、可能性を感じました。


併設されているプレールームも含めて、充実した施設でした。

以下は、プレールームの様子です。


さいたま市議会議員小柳よしふみ 一生懸命は∞ブログ

いずれも、ちょっと、写真だけだと分かりにくい施設かもしれません。


さいたま市議会議員小柳よしふみ 一生懸命は∞ブログ

ぜひ、ご興味のある方は見ていただけると良さが分かって頂ける気がします。。。


さいたま市議会議員小柳よしふみ 一生懸命は∞ブログ

現在計画されている、(仮)子ども総合センターへの設置を会派として提案をしています。


さいたま市議会議員 小柳よしふみ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
↑ランキング゙エントリーしています。クリックご協力お願いします!







ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(国民民主党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)15年、2期目当選。

カテゴリ
新着5件
バックナンバー
小柳よしふみFacebook
政策・実績
このページの先頭へ

さいたま市議会議員(国民民主党)

お問い合わせはこちら