小柳よしふみ

さいたま市議会議員(無所属)

ホーム > 『さいたま市本庁舎審議会を傍聴』

『さいたま市本庁舎審議会を傍聴』

本庁舎(市役所)の在り方を検討する審議会が昨年立ち上がっています。

昨日は、3回目の会合でした。


内容としては、まだ論点整理の段階です。

今後、2年~3年をメドに答申が出される予定です。

今は、検討に当たっての判断材料の抽出や方向性を調整している所です。

行政の現状、仕事の内容、市民のニーズ、今後の環境の変化など、まずは委員の方々も現状把握が必要です。

しかも、これはかなり難しい作業でもあります。

そういった中では、慎重に丁寧に真摯に取り組まれている様子が分かりました。

ただ、委員の方の負担は相当に大きいと思います。。。


また、あて職の方もかなり多く、今後メンバーが変わってゆくでしょう。

その中での議論の成熟化、集約化も難しい作業でしょう。

関係者のご苦労に敬意を表したい。


(与野本町駅前はアートな雰囲気です)


本庁舎の役割は時代とともに変わっています。

区役所へ権限委譲も進んでいます。

住民票など一般市民がよく使うような書類は、コンビニでとれるようにさえなってきています。

また、民間への仕事のアウトソーシングやIT化なども進むはずです。

今と同じ発想で同じものを作っても仕方ありません。

役所の将来像をしっかりと持って、本当にあるべき姿が語られる場であって欲しいと思います。


そういった点からは、若い委員が少ない。

また、行政の仕事をよく分かっている職員さんの意見も重要です。

今後は、そういう方々の意見も上手く取り入れて進めて頂きたい。


最後に・・・

こういう審議会は、やっぱり本庁舎内で行いたいものです。

今回は場所の都合で、与野本町コミセンでした・・・


さいたま市議会議員 小柳よしふみ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
↑ランキング゙エントリーしています。クリックご協力お願いします!

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(無所属)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)15年、3期目当選。

カテゴリ
新着5件
バックナンバー
小柳よしふみFacebook
政策・実績
このページの先頭へ

さいたま市議会議員(無所属)

お問い合わせはこちら