小柳よしふみ

さいたま市議会議員(国民民主党)

ホーム > 『黒田選手の世界挑戦に川崎市の熱を見た!』

『黒田選手の世界挑戦に川崎市の熱を見た!』

今日は、WBA世界フライ級タイトルマッチが行われた。

チャンピオン ファンカルロス・レベコに同級9位・黒田雅之選手が挑戦した。

黒田選手が所属する川崎新田ジムは、Jリーグの川崎Fとコラボするなど「地域密着型」の世界戦を計画。

商工会議所のほかに、川崎市、同市教育委員会、J1川崎Fなどが後援して行われた。


結果は、3-0の判定負け。

残念な結果ではあった。


川崎Fのマスコットがラウンドボーイを努めて盛り上げに一役買った。

勝てば、3.9のホーム開幕戦(国立)で聖火台への点火役にも決まっていた。

会場もサポーターでいっぱいのようでした。

応援もまさにサッカースタジアムの大声援。

川崎Fの選手たちも応援に来ていた。


川崎新田ジムも所属選手が防犯パトロールを兼ねたロードワークを行うなど、地域密着型のジム経営を進めてきた。

通常は、ホテルで行う試合の発表も商工会議所会館で行った。

2階席には、地元の小中学生を無料招待。

市内ジム初めてのボクシング世界戦を街ぐるみで戦った。

川崎市の熱を感じました。


相手のチャンピオンも2階級制覇王者とはいえ、暫定上がりばかりで、戦績ほどの力はないと思っていました。

だけに、もしかして・・・

と、思いましたが上手かった。。。

しかし、黒田選手は打たれ強勝った。

勇敢に、おそらく実力以上に戦った。

たくさんのパワーに後押しされていたのは、間違いない。


さいたま市議会議員 小柳よしふみ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
↑ランキング゙エントリーしています。クリックご協力お願いします!


ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(国民民主党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)15年、2期目当選。

カテゴリ
新着5件
バックナンバー
小柳よしふみFacebook
政策・実績
このページの先頭へ

さいたま市議会議員(国民民主党)

お問い合わせはこちら