小柳よしふみ

さいたま市議会議員(民進党)

ホーム > 『アニキの引退に思う・・・』

『アニキの引退に思う・・・』

阪神タイガースの金本知憲外野手が引退を発表した。

「アニキ」の愛称で、阪神ファンのみならず多くのファンを引きつけた。

金本選手の素晴らしさについては、細かくコメントするまでもないでしょう。

連続フルイニング出場(1492試合)のギネス世界記録を持ち、けがにも負けず試合に出続ける姿勢から、「鉄人」とも称された。

元々は、広島カープの選手であったのに、これだけ阪神で受け入れられたのは、そのひたむきなプロ魂のためだと思う。


2008年5月7日のことでした。

ジャイアンツの木佐貫投手が金本選手の頭にデッドボールを当てて退場。

頭へのデッドボールは、選手生命を奪ってもおかしくない。

その恐怖心は中々、消えないのだという。

しかし・・・

金本選手は、なんと次の打席でホームラン!

これだけでもカッコいいのに、

次の日に謝罪に来た木佐貫投手に「次も思い切ってこなければダメだぞ!」とカツを入れたのだという。

若手投手への優しい配慮は、「アニキ」と呼ばれる所以です。


2004年07月30日の巨人戦では、前日の試合で左手首を骨折していたため、右手1本でヒットを打っていた。

プロの真剣勝負の試合で、片手でバットを握って片手でヒットを打つ。

執念を感じたし、寒気がするほどの凄みを感じさせた。


本当のプロ

お金をとって仕事をするということは、こういうことだ!

ということを見せつけてくれた。

まだ、今シーズン残りがあります。

最後まで、金本選手らしい姿を見せて欲しい。

ありがとうございました「アニキ」。


ちなみに、東北福祉大学時代の同期に、現在ダイヤモンドバックスに所属している斎藤隆投手がいる。

斎藤隆投手も、今や大リーグで6番目のベテランですが、バリバリ頑張っている。

斎藤投手もドラマがあったが、プロ根性を感じる選手です。

機会があったら書かせていただきます。。。

プロの魂に出会うと、身が引き締まります。


さいたま市議会議員 小柳よしふみ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
↑ランキング゙エントリーしています。クリックご協力お願いします!







ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(民進党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)

このページの先頭へ

さいたま市議会議員(民進党)

お問い合わせはこちら