小柳よしふみ

さいたま市議会議員(民進党)

ホーム > 『越後から戻って仙台研修へ・・・』

『越後から戻って仙台研修へ・・・』

市民生活委員会の視察先である「越後妻有トリエンナーレ2012」から昨日戻りました。

今朝から会派の研修で仙台に来ています。


午前中のテーマは、「多文化共生」社会の推進について。
「多文化共生社会形成の推進に関する条例」を平成19年に初めて宮城県が制定しました。


宮城県は、特に外国人の割合が多いというわけではないそうです。
にも関わらず、制定に踏み切ったことは注目に値します。
今後の増加傾向を見込んでのこと。
外国人が集団居住していなくて、点在している。
それが情報の発信にあたって難しくしている点ですが、防災、緊急時の対応を特に強化しているようです。
理念条例制定後に推進計画をたてて事業推進をして4年目。
まだ試行錯誤の部分もあるのでしょう。
ホームページの対応言語も英語、中国語、韓国語の3ヵ国。
さいたま市と同じです。
(埼玉県は5ヵ国)

午後から、「宮城県議会基本条例」について、また議会改革の推進についてご説明を頂きました。
基本条例の制定の流れや概要説明。
請願などでの紹介議員による説明に関して、議論になりました。
必要性があるものもあるが、乱用されないよう運用面では配慮が必要かと思います。

この後、東日本大震災に関する防災、復興をテーマとした研修会に向かいます。


さいたま市議会議員 小柳よしふみ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
↑ランキング゙エントリーしています。クリックご協力お願いします!


ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(民進党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)

このページの先頭へ

さいたま市議会議員(民進党)

お問い合わせはこちら