小柳よしふみ

さいたま市議会議員(民進党)

ホーム > 『ヒューマンジャーナリスト 山本美香さん』

『ヒューマンジャーナリスト 山本美香さん』

「戦争ジャーナリストじゃなくてヒューマンジャーナリスト。

娘を誇りに思っています」

内戦状態のシリアで取材中に、ジャーナリスト 山本美香さんが銃撃戦に巻き込まれ亡くなった。

冒頭の言葉は、お父様の言葉です。


山本さんは、常に紛争で最も犠牲になることが多い女性や子供の視点で取材。

「多くの人が激戦の中でとどまって生きている。

彼らが何を思い、どんな暮らしをしているのかを伝えたい」と話していたという。


お父様も元新聞記者だったと聞きました。

山本さんは、父の背中を見て育ち、そしてジャーナリストになった。

それだけに、娘の活動を理解しながらもお辛かったことと思います。


改めて、戦争という現場の残酷さを見せつけられました。

また、「仕事とは何か?」を突き付けられた、山本さんの生き様だったと思います。

仕事は、食べるためのお金を稼ぐための手段という価値観もあるでしょう。

私は、社会の中での自分の存在を自覚し、使命感を持って仕事にのぞみたい。

人は、1人で生きているのではなく、多くの人と支えあいながら生きていると思うから。


最後になりますが・・・

山本さんのご家族、ご関係の皆様に心よりお悔やみ申し上げます。


さいたま市議会議員 小柳よしふみ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
↑ランキング゙エントリーしています。クリックご協力お願いします!

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

小柳よしふみ さいたま市議会議員(民進党)

1965年生まれ。高砂小、岸中、県立浦和高校、慶應義塾大学商学部卒業。
90年埼玉銀行入行も父の突然の病死による家業継承のため、92年(株)埼京警備に入社。代表取締役就任。以降20年以上に渡り経営者として実務を行う。11年さいたま市議会議員に初当選(浦和区)

このページの先頭へ

さいたま市議会議員(民進党)

お問い合わせはこちら